第3回共創学会年次大会 「共創のからくり」

(※本ページの内容は随時更新される予定です。)

 

日時:2019年12月14日(土),15日(日)
   ※12月13日(金)午後にプレイベントを検討中
場所:九州大学・大橋キャンパス
   会場へのアクセスは九州大学HP(アクセスマップ)をご覧ください。
主催:共創学会

 

1. テーマ「共創のからくり」

共創はどのようにして可能になるのでしょうか?第3回年次大会では、共創の「からくり」(仕掛け、仕組み)に関する議論を展開したいと考えています。

たとえば、文楽人形の所作は一人の人間のように見えますが、それを支えているのは、3人の人形遣いによる異なる動きの共創です。また無造作に生えているように見える自然林も、それぞれの樹木が相互にコミュニケーションしながら共創していると思わせる痕跡があります。本大会では、こうした共創のからくりについて考えていきます。

しかし、いずれの場合も忘れてはならないのは、共創は「中動的」に行われているという点です。人形を操る一人の人間、林の中の一本の木は、決してメカニズムの一端を受動的に担っているのではなく、環境との関わりにおいて主体的に動いています。つまり、共創のからくりを考える際には、からくりを支えているものどうしが共創するという視点や、それを取り巻く環境が共創を可能にしているという視点にも注目する必要があります。

本大会では、こうした共創のからくりがもつ多義性にも焦点をあて、学際的に議論していきたいと考えています。

 

2.大会概要

 2.1. 特別企画(予定)
  1. プレイベント(12月13日(金)午後;内容未定)
  2. 学会誌創刊記念トークセッション「共創とは何か」
  3. プレゼンテーション&ダイアローグ「芸術工学×共創」
  4. ラウンドテーブル「共創のからくり」

 2.2. 通常企画
  1. インタラクティブ発表
  2. 口頭発表
  3. 懇親会

※インタラクティブ発表、口頭発表の募集は、6月頃に告知が開始される予定です。内容は自由ですが、本大会のテーマ「共創のからくり」に関連したもの、あるいは言及のあるものを奨励します。

 

3. 今後の予定

事項 時期
発表申込方法の告知  5月下旬
発表申込〆切  9月初旬
予稿〆切  10月下旬
参加申込開始  10月初旬
事前参加申込〆切  11月中旬

 

4. 実行委員会

  • 実行委員長:中村美亜(九州大学)
  • 副実行委員長:長津結一郎(九州大学)、松前あかね(九州大学)
  • アドバイザー:三輪敬之(早稲田大学)、郡司ペギオ幸夫(早稲田大学)、西洋子(東洋英和女学院大学)
  • 特別企画担当委員:中村、長津、松前、藤原旅人(九州大学)
  • 公募発表担当委員:中村、長津、松前、笹井一人(茨城大学)、石井裕之(早稲田大学)
  • ウェブ広報委員:三輪洋靖(産業技術総合研究所)、藤原
  • 予稿委員:植野貴志子(東京都市大学)、藤井慶輔(名古屋大学)
  • 財務委員(懇親会・昼食を含む):松前、村中亜弥(みんなのダンスフィールド)
  • 運営委員:長津、藤原、村谷つかさ(九州大学)、張彦芳(九州大学)、宮本聡(九州大学)

 

5. 問い合わせ先

共創学会第3回年次大会 事務局
sfcc2019_info[at]nihon-kyousou.jp
※[at]を半角の@に変えてください。