役員

会長

三輪 敬之 Yoshiyuki Miwa

早稲田大学 名誉教授

<専門分野>共創学

<プロフィール>1976年早稲田大学大学院理工学研究科博士課程単位取得退学。同大学助手、講師、助教授を経て、1986年理工学部教授、2007年より創造理工学部教授。 2009年から5年間,総合機械工学もの・ひと・こと研究所所長を兼任。工学博士。日本機械学会フェロー、日本ロボット学会、ヒューマンインタフェース学会などの理事を歴任。 Moèt-Henessy最優秀科学賞(仏)、ヒューマンインタフェース学会論文賞などを受賞。2010年ジェノバにて、Shadow AwarenessⅡ(Dual2010)を上演、総指揮をとる。2012年より被災地で身体表現WSを実施。 共著書に『場と共創』(NTT出版)他。

<メッセージ>今、ここに必要なこと、それは共創です。共創の表現は、信頼し合える関係のなかに、ともに存在しているという安心感や自分の居場所があるという感覚を生み出します。 共創する私、共創する教育、共創する技術、共創するコミュニティ、共創する社会、さらには共創する文化を我が国から世界に発信していきませんか。子どもたちのためにも、共創を形にしていきましょう。

副会長 / 出版

郡司ペギオ 幸夫 Yukio Pegio Gunji

早稲田大学 基幹理工学部表現工学科 教授

<専門分野>理論生命科学

<プロフィール>1981年東北大学理学部地質学古生物学教室卒業。1987年同大学院理学研究科修了(理学博士)同年神戸大学理学部助手、 1999年同大地球惑星科学科教授、主な著書:原生計算または存在論的観測.東京大学出版会(2004)、生命理論.哲学書房(2006)、生命壱号.青土社(2010)、 群れは意識を持つ.PHPサイエンスワールド新書(2013)、いきものとなまものの哲学.青土社(2014)。

<メッセージ>共創とは、想定外であった外部、他者との接続がもたらす動的存在であり、外部の取り込みは、内部における前提(因)と帰結(果)の反転によって、 自ずからもたらされる運動であります。認識と存在の区別は無効となり、そこに実践=ただ生きることの実相が開かれると期待されます。

副会長 / 企画・事業

西 洋子 Hiroko Nishi

東洋英和女学院大学 教授

<専門分野>身体表現論、舞踊学、応用コミュニケーション科学

<プロフィール>お茶の水女子大学大学院修士課程、神戸大学大学院博士後期課程修了(学術博士)。子どもの身体表現や精神科入院病棟での実践を行う。 1998年から地域社会でインクルーシブダンスを展開。お茶の水女子大学助手、学習院大学講師を経て2004年から現職。NPO法人みんなのダンスフィールド理事長、 国立民族学博物館客員教授(2008-2012)、早稲田大学理工学術院客員教授(2008-)。舞踊学会研究奨励賞(2003)、ISAPA最優秀ビデオ発表賞(2003・2007)受賞。

<メッセージ>多様な人々が、それぞれの身体で、共に表現を創る現場にいます。驚きや困惑、感動があります。今はまだ、切れ端しかつかまらず、泡のようなものしか伝えることができません。 身体からはじまる表現世界の「見えぬけれどもある」を、共創の新たな知と手法で描き出す。心あるさまざまな共創の現場を、もっともっと元気にしていきたいのです。どうかご一緒に!

理事 / 出版

大塚 正之 Masayuki Otsuka

早稲田大学 招聘研究員 弁護士

<専門分野>家族法、臨床法学

<プロフィール>東京大学経済学部卒業後、裁判官、早稲田大学大学院法務研究科教授を経て現職。家族<社会と法>学会理事、場の言語・コミュニケーション研究会代表、 ぷれジョブ全国連絡協議会監事、主著「判例先例渉外親族法」(尾中郁夫学術奨励賞)、「場所の哲学ー存在と場所」、「場所の哲学ー近代法思想の限界を超えて」など。

<メッセージ>本学会の「共創」は、「場」と共に、前近代社会と近代社会の対立・矛盾を止揚し、次世代の学問を基礎づける根底をなすタームです。 近代社会・近代科学を超えるためには、自然科学・社会科学・人文科学の枠組みの向こう側の世界=臨床の知を探求することが必要です。 本学会を通じて新しい世界像をともに創りましょう。

理事 / 出版

岡田 美智男 Michio Okada

豊橋技術科学大学 情報・知能工学 教授

<専門分野>コミュニケーションの認知科学、ヒューマン・ロボットインタラクション

<プロフィール>1987年東北大学大学院工学研究科博士後期課程修了。NTT基礎研究所情報科学研究部、国際電気通信基礎技術研究所(ATR)などを経て、2006年豊橋技術科学大学情報・知能工学系教授。人との間で〈弱さ〉を補いつつ〈強み〉を引き出しあうような〈弱いロボット〉の研究を進めている。主な著書・編著は、『弱いロボット』(医学書院)、『ロボットの悲しみ コミュニケーションをめぐる人とロボットの生態学』(新曜社)など。

<メッセージ>モジモジしたり、オドオド、ヨタヨタした〈弱いロボット〉の研究を進めています。〈弱さ〉や〈不完結さ〉というのはネガティブに捉えられやすいものですが、思わず周囲を巻き込んで、新たなコトを生み出す力となることもあります。〈弱さ〉や〈不完結さ〉が取り持つ縁のようなものを探求したいと考えています。

理事 / 財務

永田 鎮也 Shinya Nagata

日本光電工業(株) 荻野記念研究所 新事業推進部 部長

<専門分野>薬理学、電気生理学、生体情報工学、薬剤師、博士(薬学)

<プロフィール>製薬企業で昇圧剤、降圧剤、救急車搭載医療機器、生体信号ゆらぎ解析ソフトを研究開発・製品化。研究開発・生産の統括責任者、総括製造販売責任者、 責任技術者を務め、2016年4月より現職。場の研究所理事、新共創産業技術支援機構アドバイザリーボード、SSJP超音速機事業企画研究会メンバー、東本願寺別院僧侶・総代役員、 関西柳生会初代代表、科学技術振興機構プロジェクトメンバー(2001~2003年)。国連、ITU、国内外の学会、大学等で講演多数。

<メッセージ>国家戦略に共創が謳われ、概念の深い理解と発展が求められています。これら状況を背景に、共創の概念と言葉を創案された佐々木正先生が、 共創を超える実践的学会の立ち上げを強く希望されました。本学会は研究会に止まらず、実践知を耕す学会にしたいと思います。研究者に限らず、様々な分野の方々のご参加を切望します。

理事 / 企画・事業

井出 祥子 Sachiko Ide

日本女子大学 名誉教授

<専門分野>比較語用論、社会言語学、場の言語学

<プロフィール>既存の学問を解放する国際プロジェクト‘Emancipatory Pragmatics’をテーマとする特集号をJournal of Pragmatics (2009,2012,2014年)に共編、 『解放的語用論への挑戦:文化・インターアクション・言語』2014年(くろしお出版)共編著、『わきまえの語用論』2006年(大修館書店)など。

<メッセージ>サハラ砂漠に立った時、この世のものと思えない風が頬をなでた。「ここにはグローバリゼーションも何もない」と語る母国を愛するリビア青年と平和共創へのミッションを共有。 ことばや文化の壁の克服よりも、心の壁の克服は難題だ。優しい風が吹く地球の共創のため、心の壁を乗り越える課題にことばの研究者として挑みたい

理事 / 企画・事業

大塚 博正 Hiromasa Otsuka

所属 なし 2社の顧問

<専門分野>ソニーにおいて、事業開発を主にやってきた。商品企画、事業企画、マネジメント。

<プロフィール>昭和48年(1973)早稲田大学理工学部卒業。ソニー第2開発部に所属。その後家庭用ビデオの開発に関わる。
1980アメリカに赴任。現地での企画とマーケティング。
ソニー業務執行役員SVP、ネット系、放送系事業の責任者。
1996アメリカでVAIOの立ち上げに参加。
スカパー社外取締役ほかSo-net、イープラス、ITSケーブル、アメリカの会社3社などの取締役。
メディカル事業部立ち上げ、P5(株)社長。

<メッセージ>人間などの生き物に限らず家庭、町、海、地球すべてのものが生命的な活きを行っている。これらのすべてが調和しながら居心地の良い環境を作っていくための基本原理を見つけたい。そのために、数学、物理、歴史、言語、生物、宗教、哲学など多角的な知が集まり、新しい知を作る場にしたい。

理事 / 企画・事業

笹井 一人 Kazuto Sasai

茨城大学 工学部情報工学科 准教授

<専門分野>複雑系科学、エージェント工学

<プロフィール>2002年神戸大学理学部地球惑星科学科卒。2008年神戸大学大学院市z年科学研究科博士後期課程(地球惑星システム科学専攻)修了。 博士(理学)。2008年より東北大学電気通信研究所ポスドク研究員を経て、2009年より同大学助教。2018年より茨城大学工学部情報工学科准教授となり現在に至る。自己言及とフレーム問題、それをのりこえて生きるシステムおよび知能の原理その応用についての研究に従事。

<メッセージ>単なる相互作用としてのコミュニケーションを超えて、「ただそこに在る」ことが意味を持つような状況を作り出すこと、それが共創の意義であると考えています。 我々は自らが作り出したシステムとしての社会性・関係性に知らずのうちに縛られてしまっています。そこから脱却し、「自然に生きる」ことを探求できればと考えています。

理事 / 企画・事業

中村 美亜 Mia Nakamura

九州大学大学院 芸術工学研究院 准教授

<専門分野>芸術社会学

<プロフィール>芸術実践が個人のエンパワメントや社会環境の変容を促すプロセスや仕組みに関する学際研究を行っている。東京藝術大学卒業後、米国ミシガン大学(修士課程修了)、ワシントン大学セントルイス等で音楽学や文化研究などを学ぶ。学術博士(東京藝術大学)。著書に『音楽をひらく―アート・ケア・文化のトリロジー』(水声社、2013年)など。ジェンダーやセクシュリティに関する著作も多い。東京藝術大学助教などを経て、2014年4月より現職。九州大学ソーシャルアートラボ副ラボ長。

<メッセージ>共創というのは、「私」と「他者」をつなぐ、ふだん言語化されない領域にアクセスしながら、新しい知や価値を生み出す方法です。これは、人類が古来からもっていた、異なるものが共存するための叡智です。この叡智を見える化し、未来のための知を創造しようとするのが「共創学」だと私は考えています。

理事 / 総務

植野 貴志子 Kishiko Ueno

東京都市大学 教授

<専門分野>社会言語学、語用論

<プロフィール>日本女子大学大学院文学研究科英文学専攻博士課程後期満期退学。日本女子大学助教、東京都市大学講師、順天堂大学准教授を経て、2018年より現職。博士(文学)。論文に「問いかけ発話に見られる日本人の先生と学生の社会的関係―日英語の対照を通して―」(『解放的語用論への挑戦』くろしお出版、2014年)、「融合的談話の『場の理論』による解釈」(『待遇コミュニケーション研究』13号、2016年)など。

<メッセージ>何気ない日常会話におけることばの使用にも、人と人が小さな差異を埋めながら、共につながりを創出する様子が見られます。言語・非言語コミュニケーションの観点から、共創の実践を考えていきたいと思っています。多くの皆様のご参加を願っています。

理事 / 総務

桑原 知子 Tomoko Kuwabara

京都大学大学院 教育学研究科 教授

<専門分野>臨床心理学

<プロフィール>1984年京都大学大学院教育学研究科博士 課程修了。教育学博士(京都大学)。姫路独協大学一般教育部助教授、京都大学助教授を経て、2007年 より京都大学大学院教育学研究科心理臨床学講座・教授。臨床心理士。博士論文のテーマは『人格の二面性について』 。主な著書 は、『もう一人の私』創元社、『教室で生かすカウンセリングマインド』日本 評論社、『カウンセリングで何がおこっているのか』日本評論社。

<メッセージ>個人療法を基本にしつつ、教育、司法、医療、産業など、さまざまな場でおこる「心」の問題にかかわり、「心理療法とはなにか」「人間とはなにか」ということを考えています。そこで見えてくるのは、人間《関係》の不思議さであり、矛盾を抱える人間、そして、矛盾のなか に生きる人間の姿です。相対立するものはいかに共存し、人間の生きる力を支えているのか、それを解く鍵が、「共創」にあると思っています。

理事 / 総務

三輪 洋靖 Hiroyasu Miwa

産業技術総合研究所 主任研究員

<専門分野>サービス工学、人間工学、ロボット工学

<プロフィール>2001年早稲田大学大学院理工学研究科博士前期課程修了。2004年同後期課程単位満了退学。同年9月学位取得。博士(工学)。早稲田大学理工学部機械工学科助手、 早稲田大学先端科学・健康医療融合研究機構客員研究助手を経て、2005年4月産業技術総合研究所に入所。 2015年4月より現職。介護サービスを中心にサービスプロセスの可視化、 従業員支援に関する研究、嚥下機能の計測とモデル化に関する研究等に従事。

<メッセージ>介護サービスの研究を始め、サービス現場にも顔を出すようになると、介護士、看護師等の従業員が連携しながら、高齢者、家族に対してサービスを提供しており、相互のコミュニケーションや気付き、信頼関係がとても重要であることを肌で感じました。共創学会では、こうした現場の人達が生き生きと活躍できる場作り、サービス作りのための議論をしたいと思っています。

理事 / 国際

諏訪 正樹 Masaki Suwa

慶應義塾大学 環境情報学部 教授

<専門分野>身体知学、デザイン学、コミュニケーション学

<プロフィール>慶應義塾大学環境情報学部教授。工学博士。84年東京大学工学部卒、89年同大学院工学系研究科博士課程修了。89年(株)日立製作所基礎研究所。94年スタンフォード大学にて客員研究員。シドニー大学建築デザイン学科主任研究員、中京大学情報理工学部教授などを経て、08年より現職。自ら野球選手として打撃スキルを学ぶ実践から、身体知の学び理論を提唱、探究してきた。単著に『「こつ」と「スランプ」の研究 身体知の認知科学』(講談社)、共著に『知のデザイン 自分ごととして考えよう』、『一人称研究のすすめ 知能研究の新しい潮流』(ともに近代科学社)など。

<メッセージ>共創を、「皆が力を合わせて共通の価値を創る」ことというよりも、むしろ「各自、他者や環境の存在を利用して、各自にとって意味のある価値を創る」という、より広義の意味で捉えている。この基本思想のもとで、場とは何か、どう成立し、どう機能するのかを議論したい。日本認知科学会で主催している「間合いー時空間インタラクション」という研究分科会と共創学会が共創しながら、西洋的科学観では解明できなかった諸問題にチャレンジしたい。これは「よりよく生きるためのデザイン」の問題でもある。

理事 / 国際

藤井 洋子 Yoko Fujii

日本女子大学 文学部 教授

<専門分野>語用論、社会言語学、談話分析、認知意味論

<プロフィール>日本女子大学大学院文学研究科英文学専攻博士課程前期修了(修士)。米国オレゴン大学大学院言語学科修士課程修了(修士)。放送大学を経て、2001年より現職。日本英語学会評議員。国際語用論学会誌Pragmatics 編集委員。『解放的語用論への挑戦:文化・インターアクション・言語』2014年(くろしお出版)共編著、『コミュニケーションのダイナミズム−自然発話データから』2016年(ひつじ書房)共編著など。

<メッセージ>言語・文化比較研究を行う中、異なる文化の人々との共創について考える日々です。過去から現在まで、大きなことから小さなことまで、世界で起こっているさまざまなでき事を考える上で共創は人類の未来に向けた重要な考え方であると確信します。ことばの研究を通して共創を、世界に、未来に、発信していきたいと思っています。

監事

金尾 雄二 Yuji Kanao

障害者総合支援法指定事業所「からしだね」所長

<専門分野>障がい者福祉、高齢者福祉

<プロフィール>1973年早稲田大学大学院修士課程機械工学専攻修了後、(株)日立製作所入社。亀有工場、土浦工場にて高速増殖型原子炉用ナトリウムポンプの研究・開発・設計および沸騰水型原子炉用各種ポンプの保守・補修・設計に従事。 1984年に退職し日本同盟基督教団土浦めぐみ教会事務長に就任、1987年に教会付属マナ愛児園設立、2003年に介護保険法指定事業所「喜楽希楽サービス」設立・所長。2010年に退職し東京基督教大学神学部国際キリスト教福祉学科入学。 2013年卒業後は、社会福祉法人等にて障がい者福祉に従事後、2015年に土浦めぐみ教会に障害者総合支援法指定事業所「からしだね」を設立、2017年6月には児童福祉法指定事業所「からしだね」を設立して現在に至っている。

<メッセージ>異質な顔写真で申し訳ありません。東日本大震災の折に10m近い津波に覆われた突堤の上に立って、放射性物質拡散事故を起こした福島第一原子力発電所を背景にして撮った自撮り写真です。 妻の実家は原発から約3㎞のところにありましたが、今は町全体が帰還困難区域に指定され家族をはじめ町民全員が故郷を失ってしまいました。一方私は、福島第一原発4号機を設計・製作した会社の一員として原発に関わる仕事をしていました。 このことから、「科学・技術と人間生活の間のコミュニケーションのあり方」を考えるようになりました。「共創」から生まれるものが「リアルな愛である」ことを期待しつつ、 障がいのある方々と互いに生きる喜びを毎日少しずつ味わわせていただいています。

監事

浜田 利満 Toshimitsu Hamada

筑波学院大学 名誉教授

<専門分野>ロボット・セラピー学

<プロフィール>早稲田大学大学院修士課程機械工学専攻修了後、(株)日立製作所入社 生産技術研究所、本社(営業本部、電子デバイス製造システム推進本部)を経て、1999年那須大学教授、2005年筑波学院大学教授。専門分野 日立時代は画像処理、大学に転じ、ロボット・セラピーを始める。関東地方発明賞受賞「特徴抽出・比較によるパターン欠陥検査」(1990年)「半導体生産技術」(1992年)。博士(工学)。

<メッセージ>ロボット・セラピーではロボットが存在することで、コミュニケーションの場が創成されると考えられる。しかし、単にロボットが存在するだけでは、場は創成されず、ファシリテータなど人の関与が重要になる。人々とロボット(?)の共創力が、コミュニケーション創成という共創現象を生起させているように思える。力学では力は質量と加速度の積であるが、共創力における質量、加速度は何になるのだろうか。共創学会ではこのようなことも議論できることを期待する。

発起人
相澤洋二 塩瀬隆之 野家啓一
合庭 惇 塩谷 賢 橋本周司
石井淳蔵 菅野重樹 藤井洋子
稲葉俊郎 菅原和孝 本間 大
井野秀一 諏訪正樹 前川正雄
大澤真幸 高西淳夫 茂木健一郎
大塚博正 津田一郎 持丸正明
岡田美智男 永沼 充 米岡利彦
片桐恭弘 中村美亜 渡辺和子
金尾雄二 那須原和良 渡辺富夫
喜多壮太郎 西井涼子  
桑原知子 西平直