第8回共創学研究会
「内と外―共創学を耕すー」

 

台風19号の影響を考慮し,延期となりました.
変更後の日程に更新しておりますので,ご確認ください.なお,開催場所も変更となっておりますので,ご注意ください.

日時:2019年11月2日(土)13:30~17:30  (日程が変更になりました)
場所:慶應義塾大学三田キャンパス 南校舎455教室 (会場が変更になりました)
   〒108-8345 東京都港区三田2-15-45
   会場へのアクセス方法は,慶應義塾大学HP をご参照下さい
   (キャンパスマップ4番の建物の5階です.正門から入り大階段を登り右側になります)
参加費:無料 (非会員の方も無料でご参加頂けます)
参加申し込み:
 参加申込フォームより 2019年10月31日(木)までに事前参加登録をお願い致します。

 

概要

2017年に学会が発足して以来,2度の年次大会と7度の共創学研究会を開催いたしました。これらを通じて,私たちは,「共創とは何か」についていろいろな角度から議論してまいりました。そして,この7月には,オンライン・ジャーナル「共創学」が発刊され,本学会の特徴がより明確になってまいりました。

共創という言葉は,今では,あちらこちらで使われていますが,その多くは,異なる領域,分野の人が集まってイノベーションを起こそうというものであったり,安心できる居場所づくりを目指したりするものです。さらには,異質な人々を包み込む“インクルーシブ”という言葉もよくみかけるようになりました。しかしながら,これらはいずれも,共通のコンテクスト,目標のもとに行う“わたしたち”のコラボレーションであって,共創とはいえません。

共創は,外部・他者とともに創りあげていくことです。わたしが決して知覚できない外部,窺い知れない他者と共にあるということが共創を生みだします。では,このような外部・他者と出会うにはどうすればよいのでしょうか。その方法を理論的,実践的に問いかけ,具体化していくことが,“共創学”の創造には必要になります。これには大きな困難を伴いますが,これからの時代を生きていくために欠かせない知なのです。

そこで今回は,「共創学」創刊号の著者らを中心に,共創学にどのように向きあえばよいのかを,皆さんとともに考えたく思います。

プログラム

13:20~13:30 開会挨拶(三輪敬之)

基調講演(司会:三輪敬之)
13:30~14:30 郡司ペギオ幸夫(早稲田大学・教授)
 「認知における非局所性と認知的誤謬」

研究紹介(司会:桑原知子)
14:30~15:00 諏訪正樹(慶應義塾大学・教授)
 「二人称的関わりー共創の重要な側面」

15:00-15:30 西 洋子(東洋英和女学院大学・教授)
 「共創するファシリテーションー渚にあそぶー」

15:30-16:00 笹井一人(茨城大学・准教授)
 「予期の非同期性が生み出す逸脱」

総合討論
16:15~17:25 共創のこれまで,これから(司会:三輪敬之)
 コメンテータ:
  ・大塚正之(早稲田大学リーガルクリニック・弁護士)
  ・桑原知子(京都大学・教授)
  ・藤井晴行(東京工業大学・教授)

17:25-17:30 閉会挨拶(三輪敬之)

参加申し込み

以下の参加申込フォームより 2019年10月31日(木)までに事前参加登録をお願い致します。
※延期となったため,事前参加登録を一時中断しております.
※事前登録を再開しました.すでに事前登録頂いている方は再登録不要です.

参加申し込みフォーム

 

問い合わせ先

三輪敬之(早稲田大学)
miwa[at]waseda.jp
※[at]を半角の@に変えてください